『おしん』と『なつぞら』対照的なヒロイン像が浮き彫りにする、現代女性の生き方

視聴率62.9%を記録した『おしん』。苦難の中でもあきらめないおしんの姿は、日本だけでなく世界中に感動を  これまで朝ドラでは、ミシンで身を立てた『カーネーション』('11年)の糸子、アイドルという夢と、地震からの復興を描いた『あまちゃん』('13年)のアキ、発明家の夫を支える『まんぷく』('18年)の福子など、時代ごとに、さまざまなヒロインが女性の生き方を示してきた。 【写真】真剣な表情で机に向

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

CLOSE
CLOSE