【秋華賞】サラキア 池添兄弟タッグだ 仕上がり問題なし

サラキアは3枠5番。スタートが課題になる馬だが、池添学師は「先入れなので入ってから待たされるのは、むしろいいかも」と奇数枠を歓迎。金曜朝はCWコースへ。仕上がりに問題はない。「内枠で包まれる心配はあるけど、そのあたりはジョッキーに任せるだけ」と兄・池添謙一に託した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

CLOSE
CLOSE