ひふみん、歯がなくても食べられるステーキに感激

5日に放送された「アウト×デラックス」(フジテレビ系)の中で、元棋士の加藤一二三・九段が、歯がなくても食べられるステーキに感激した。 現在の歯の状況でもステーキを食べたいというリクエストに応えて番組が案内したのが、六本木にあるステーキの名店「カサローエモ」。今回用意された肉は、とちぎ和牛の中でも、1年に3頭ほどしか出荷されない最高級牛ブランド「匠」。脂が体温よりも低い温度で溶け出すため、口の中に入

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

CLOSE
CLOSE