TVアニメ『バチカン奇跡調査官』、第2話のあらすじ&場面カットを紹介

2017年7月から放送開始となったTVアニメ『バチカン奇跡調査官』より、第2話「存在のかぎりなき不安」のあらすじと場面カットを紹介しよう。 ○TVアニメ『バチカン奇跡調査官』、第2話のあらすじ&場面カット ■II.「存在のかぎりなき不安」 セント・ロザリオ教会で、神父の一人が殺された。翌日、マリア像が涙を流し、寄宿学校では学生のマリオがトランス状態で神のお告げを口にする。重ねて起こる「

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

CLOSE
CLOSE