けやき坂46、熱狂のZepp Tokyo 2デイズ終幕。全国ツアー&タップダンスへの挑戦も発表

けやき坂46(ひらがなけやき)初のワンマンライブがZepp Tokyoにて2日間連続で開催され、2日間合計5,000人を動員した。場内が暗転すると、OVERTUREが鳴り響き一瞬にして会場は緑のサイリウム一色となった。けやき坂46にとっての初めてのオリジナル楽曲“ひらがなけやき”からスタートし、“世界には愛しかない”、“二人セゾン”と欅坂46のシングル曲を初披露した。また、普段は平手友梨奈が担当す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

CLOSE
CLOSE