醍醐虎汰朗の“感情”、森七菜の“変幻”…『天気の子』に一度でも触れてしまった人に贈るオーディオブック

日本を代表するアニメーション監督・新海誠が、『君の名は。』の次に手がけた2019年公開の映画『天気の子』。国内興行収入は140億円を突破、第43回日本アカデミー賞・最優秀アニメーション作品賞ほかを受賞するなど、絶賛を集めた本作をもう観た、何度も観たという人は多いだろう。監督自らが執筆した『小説 天気の子』も読んだし、先ごろ連載が完結した窪田航の漫画版『天気の子』(最終3巻は10月23日発売)も読ん

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

CLOSE
CLOSE