老いた母親と息子の屈折した愛情ーー「孝行息子」と評判だった男たちの暴走

“「ヨロヨロ」と生き、「ドタリ」と倒れ、誰かの世話になって生き続ける”――『百まで生きる覚悟』春日キスヨ(光文社)  そんな「ヨロヨロ・ドタリ」期を迎えた老親と、家族はどう向き合っていくのか考えるシリーズ。「『母親と一緒にいつのが子どもの幸せ』ある娘を介護する親、『子どもと離れられない』と語る言葉の先」で、息子を手放すことができなかった母親について触れた。  井波千明さん(仮名・55)の友人の義母

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

CLOSE
CLOSE