阪神・坂本がフレーミングの極意を明かす きょう30日放送「プロ野球シンカ論」

阪神の坂本誠志朗捕手(26)が、球界屈指と評価される捕球技術「フレーミング」の極意を明かした。きょう30日放送のMBS「プロ野球シンカ論」(後11・56)にリモート出演し、練習方法や参考にしているメジャーリーガーなどについて余すところなく語っている。 番組内でフレーミングの極意を明かした阪神・坂本  今年1月、企画インタビューでカブスのダルビッシュから組みたい捕手の1人として指名され「(キャ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

CLOSE
CLOSE