もはや最強?ハライチ澤部、“陰キャ”発覚も好感度は逆に上昇 “陰陽”使い分けでさらなる需要拡大へ

各局でレギュラーを持ち、年間約400本もの番組に出演するハライチの澤部佑 (C)ORICON NewS inc.  レギュラー番組7本を抱え、年間出演本数は約400本に上るハライチ・澤部佑。「明るく人なつっこい」「坊主でかわいい」など好感度が高い“陽”キャラのイメージがあるが、小学校から同級生である相方・岩井に学生時代の暗黒期や根暗な一面を暴露されたことにより、「本当は暗い」「腹黒い」との真逆キ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

CLOSE
CLOSE