お笑いで人は救えるのか――今こそ読んでほしいマンガ『キッドアイラック!』

板尾創路が菅田将暉と対談した際に手渡したマンガ、『キッドアイラック!』。その正体は、『M-1グランプリ2018』に「漫画家」というコンビで出場し、準々決勝まで進出、ベストアマチュア賞を受賞した長田悠幸による「大喜利」をテーマにしたマンガだ。 スポ根とシリアスの抜群のバランス、登場人物たちのドラマ、そして作中に登場する大喜利のおもしろさ――お笑い好きはもちろん、今の時代に疲弊する人々にも贈りたいとっ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

CLOSE
CLOSE