「妖怪」になった小芝風花、今度はうっかりミスで「男性」エリート社員に!社会派ラブコメ「書類を男にしただけで」主演、「よーし、男で天下取ってやる!」

大ヒットドラマ「妖怪シェアハウス」(テレビ朝日系)で、自ら妖怪になる人生を選んだばかりの小芝風花(23)が、今度はうっかりミスで「男性エリート社員」になる。10月11日(2020年)からスタートするTBS系の社会派ラブコメディー「書類を男にしただけで」に主演する。転職活動でうっかり「男性」として採用試験を突破してしまい、女性であることを隠して大企業にエリートとして入社することになった主人公・箕輪祐

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

CLOSE
CLOSE